入社後の研修・育成プラン

研修風景

「SEは理系」と思う方が多いのではないでしょうか。しかし、当社員の過半数は文系出身者です。
開発業務に必要な能力は、文系・理系の枠を超えた理解力・表現力・対応力などです。
エンジニアとして働くために、ヒューマンスキルとテクニカルスキルの基礎を学ぶ研修についてご紹介します。

内定者勉強会(入社前)

内定式(10月)以降、翌年3月までの半年間、システム担当の講師をつけ、勉強会を行います。
内容は、パソコンの基礎知識に関する内容から論文まで。

ただ研修を聞いていれば良い、という受身の姿勢ではなく、「自ら学んで知識をつけよう!」という前向きな気持ちで臨んでください。

ビジネスマナー研修(入社前)

ビジネスマナー研修風景
挨拶の仕方、敬語の使い方、
電話応対の仕方
来客時・訪問時のマナー
名刺交換の実践 
社内でのコミュニケーション

座学と実践を繰り返しながら、社会人としての基礎を覚えていただきます。
毎年、内定者同士で苦戦しながらも積極的に学んでいます。

セキュリティ研修

顧客の重要な情報に触れる上で社会人として必要なルールを確認します。

・仕事をする上で気をつけなければいけないこと
・情報・セキュリティに関する知識
・セキュリティ事故を防ぐために日頃から心がけるべきこと

四半期ごとに研修を受けていただきます。

先輩や上司から謙虚に学ぶと同時に、自らも進んで学ぶ姿勢で、主体的に研修に挑むことで成長につながります。

次世代幹部候補研修

次期幹部として、必要な知識や考え方を事前課題・講義・演習を通して身に付けていく研修です。
テーマは、経営理念・財務 など、充実した内容になっています。

社会に出て必要なことは、教わる立場ではなく、自ら進んで学ぶこと です。
スキルアップ、自己研さん、会社のためなようで、じつはすべて自分の成長につながっていくのです。

階層別研修

一般社員から、上の役職へとステップアップしていくにつれ、社内・社外の多くの関係者との連携が必要となります。

業務での問題解決や交渉力、さらに、リーダーとしてなすべきこと等を体験的に学ぶための研修です。

ページトップへ